横浜市旭区の幼稚園 − 上の原幼稚園 トップページ > 毎月の放射線量

放射線量の測定結果についてlevels of radiation

測定方法について

平成23年10月19日、横浜市こども青少年局子育て支援課による依頼を受け、所轄の消防署が放射線量測定を実施してくださいました。 当園ではこの時の測定方法を基準に、その後も月1回、園庭の中央及び東西南北計5ヶ所の、地表面から50cmの高さの空間γ(ガンマ)線量を測定いたしました。

尚、市の測定結果については横浜市こども青少年局 放射線量測定状況に掲載されております。


測定結果

 最小値最大値
平成24年6月21日0.010.12
平成24年5月28日0.050.11
平成24年4月18日0.010.15
平成24年3月20日0.020.12
平成24年2月13日0.030.14
平成24年1月13日0.020.15
平成23年12月13日0.040.11
平成23年11月14日0.080.13
平成23年10月19日0.090.13

※単位は[マイクロシーベルト/時間(μSv/h)]。
※ガンマ線測定用サーベイメータ[RDS-30(Mirion Technologies社製)]を使用。
※6ヶ所を5分間計測し、1分毎の値を記録。その最大値と最小値のみを記載している。


セカンドオピニオン

平成24年6月21日、横浜市幼稚園協会 旭支部で所有しているHORIBA社製環境放射線モニタPA-1000『Radi』をお借りする事ができました。線量計は測定機の個体差について言及される事が多い為、セカンドオピニオン的な意味合いで2機同時に測定を致しました。測定結果は以下の通りです。

ガンマ線測定用サーベイメータ[RDS-30(Mirion Technologies社製)]※当園所有

1分2分3分4分5分
A0.090.090.090.090.09
B0.100.100.100.090.09
C0.090.090.090.090.09
D0.090.090.090.090.09
E0.010.080.100.100.10
F0.100.110.110.120.01


環境放射線モニタ『Radi』[PA-1000(HORIBA社製)]※横浜市幼稚園協会 旭支部所有

1分2分3分4分5分
A0.0690.0700.0780.0660.069
B0.0570.0780.0750.0670.084
C0.0630.0640.0620.0680.077
D0.0530.0550.0720.0510.069
E0.0550.0730.0680.0730.068
F0.0460.0430.0470.0520.042


製品の優劣はさて置き、個体差がハッキリと分かるほどの測定結果となりました。この差異をどう捉えるかを早急に判断するのは避け、後日、サードオピニオン以降を試していきたいと思います。